あーもーなー

演劇したのちダンスしてきた三十路がとっちらかしております。

人の真剣と蛇足のおじいちゃん

三ヶ月で彼女と別れた。みじけーよ。知ってる。なんなら三ヶ月経ってはいない。

最初に会ってセックスした後、積極的に付き合うつもりはなかったんだけど、話してる感じ良い子でしっかりしてる風だし、顔も悪くないし、セックスの後の居心地も悪くなかったから、付き合うのもありかなあ、うーんていう感じだったから、付き合いたいと言われて、付き合うことにした。子持ちだったけど。

三ヶ月持たずに別れた。付き合ってるうちに自分の気持ちが高まってくるかな、なんて少し思っていたけど、そんなこともなく、緩やかに下降、付き合うのがしんどいと思うようになり、そこから二週間くらいで別れを切り出した。

子持ちの女の子の彼氏作りはしんどいと散々言っていたので、別れの理由は単純に気持ちが冷めた、その子が俺を思う気持ちに俺がまったく追いつけなくてそれに不満なのがしんどいということになっている。

仮に子供がいなくても、若干先延ばしになっただけで、こちらから別れを切り出していたと思う。子供の存在は、将来的なその子との結婚を考えていないと伝えていた自分に、結婚とかではなくパートナーが欲しい、という強がりで装った言葉を言ったその子の装いの下からはみ出ていた再婚願望が丸見えの状態では、かなりマイナスな要素だったのは間違いない。

別れた後すぐ、定期検診で性病が見つかったと。多分俺からだと思う。自覚症状はなかったが、半年以上前にセックスをした子から不意に、クラミジアの陽性反応が出たから検査した方がいいと言われていた。別れる少し前のこと。半年以上前のことだし自覚症状もないから大丈夫だろうと、タカをくくっていた。完全に甘かった。付き合ってから、安全日だから生でしようと言い出したのは彼女ではあるけど、それを拒否しなかったのは自分で、本当にその子との関係を真剣に考えているなら、妊娠の可能性も含めてゴムをつけるべきだった。そして、その子からの不意の連絡の後、別れを切り出した日に、どうしてもセックスがしたいと言う彼女のお願い、もはや誘惑もくそもなくお願いと言った方が近い行動に根負けして、その時はピルを飲んでいたからとゴムをつけなかったのも自分だった。

自覚症状がないだけに、別れてすぐ性病と聞かされた時は情けないやら恥ずかしいやら。

翌日自分も検査しに行ったのだけど、webで調べて行った近場の性病科のある病院が、80歳はゆうに超えるかというおじいちゃんの医院で、昭和を通り越して大正を感じさせるほどの古びた内装に不安を覚えつつ、おじいちゃんの対面に座るやいなや、自らの股間を手のひらで軽く叩きながら、ここの調子があおかしいのかあ、と外見に違わぬ調子で訊ねてくる。経緯を伝えて尿検査。息子らしき助手さんがそこに何かしらの薬剤を入れ、おじいちゃんに渡し、それを掲げ、中の尿を見てみなさいと。見てみると白い糸状のものがちらほら浮かんでいる。説明によると、尿道の炎症でできる膿が排出されて薬剤に反応しているらしい。なるほど。

で、肝心の性病の原因菌の有無などの検査もなく、こういう時は大体クラミジアだから抗生物質を出しておくと言われ、喉に関しては何の検査もしなかったので、これ大丈夫ですかねと聞くと、今度はズボンを膝まで下ろしてみろと。言われるがまま立ち上がりズボンと下着を下ろす。そして伸びてくるおじいちゃんのしわっしわな手、つかまれる睾丸。にぎにぎ。睾丸にぎにぎ。一言、玉あ大丈夫だ。じじい、喉はどうなった。という感じで、受付から、尿に薬剤を入れたり、じじいとの覚束ない会話の補助などをしてくれている息子助手を見て、見るだけじゃ伝わるか不安なので聞くと、抗生物質は菌が喉にいても性器にいても効果あるから大丈夫ですと。早く言ってくれ。ということで抗生物質を手に雨の中を帰宅。正直、病院の玄関を見た時点で放たれる大正臭にワクワクとドキドキが止まらなかったのだが、期待通りの場所だった。ありがとう。

 

そして後日、元彼女からまた連絡があり、インスタ経由で、ある女の子が俺とほっぺたをくっつけた写真をあげてて、別れたのにヤキモチを焼いちゃうと連絡が来た。

何のためにLINEをブロックしたよと元気よく俺に言ってきたのか。SMSって。ま

性病に関しての連絡の時点でSMSに切り替わっているわけだが。

さておき、自分は別れを告げた当日に全て終わって、感情のこもったやり取りをするつもりは一切なかった。向こうもLINEを自分からブロックしたくらいだし、そうなのかなと、性病云々は優しさで教えてくれたことだし、インスタのアカウント作ったらフォロー候補の中に俺が出てきたからフォローした、ビジネス運用考えてるしフォロワー多い方が良いからフォローしてねって言ってきたのも、終わったことだから割り切れてるのかなと考えていた。理解はできないけど。ところが、女の子と仲よさそうに写っている写真、しかもわざわざその子のアカウントまで飛んで、見て、そこそこ投稿がある中から見つけて、ヤキモチを焼いて、涙止まんないよ、と連絡をするということをしてきた。

ヨリを戻そうとかは思ってもないし意味のないことだと思うけど連絡してしまった、と言う彼女の文章と、基本的に私は男に不自由したことがないと言う発言、普段の言動のがの強さからの推測だと、悔しかったんだろうなと。他に女が出来てそれで振られたのが悔しかった。それに、私に対して嘘の理由を言って別れ話をされたと言う考えからくるショック。その子のことは悪からず思ってるのは認めるが、その子と出会う前から別れのことは考えてたし、その日に言おうと思ってたのも本当のことだと伝える。特に嘘もない。言ってることに嘘はないけど、元彼女への恋慕の情も何もない現状だと、優しくして今後も連絡が来たりSNSで絡まれたりするより、ちゃんと嫌いになって早く興味をなくして欲しいという願望が先立って、情のなさも相まって冷たくなる。

その後も、私はいい男見つけて幸せになるとか、以前に俺が別れようかと言った時のものの言い方や今回のやり取りで言われた一言がショックで、そういう人を簡単に傷付ける言い方をする人は苦手という、プライドからくるのか何なのか、別れた今言わなくてもいいよねそれという発言、そして、短い期間でもあなたの想い人であって幸せでしたという綺麗な文言が続くアップダウンのあるやり取りは続き、最後に、インスタも電話、SMSもブロック、拒否してという要望を言われて、俺はするつもりないよと伝えても、今後のために必要だからして欲しいと言われ、する。

最後に、から元気を振り絞るようなバイバイの言葉を送られ、終了。その間、そのやりとりがしんどすぎて、タイミングを見て、おやすみ、元気でね、などと切ろうとしたが、それを意に介さないようにヒュンヒュン飛んでくるメッセージに相手をしている自分がいた。無視はできる限りしたくないし、こちらから連絡取れなくするのは振り逃げな感じがしてださい。本当に面倒でメンタルがやられそうならやむなしとは思う。

動機がプライドなのか未練なのかはわからないけれど、これが真剣ということなのか、と、結構な量の疲労感とともに実感させられるやり取りだった。